CloudGarage

最終更新日 2019.07.09ID #1196

TOASTのFloating IPについて教えてください

TOASTでインスタンスを作成すると、VPC(Virtual Private Cloud) 内で疎通可能なプライベートIPアドレス(固定のIPアドレス、FixedIP)が割り当てられますが、このアドレスではプライベートであるため、インターネットからのアクセスはできません。TOASTでインスタンスにインターネットを通じてアクセスするためには「FloatingIP」の導入が必要になります。

FloatingIPは、インスタンスを立ち上げていなくても、IPアドレスを用意しておくことはできますが、生成と同時に課金されます。削除する前までは、課金されます。(インスタンス接続とは関係ありません。)
またFloatingIPに、インターネットの方向(Outbound)にトラフィックが発生すると課金します。

※ご利用の同じVPC内の2つのインスタンスがFixedIP(プライベートIPアドレス)で、ローカル通信した場合は課金はありません。一方で、VPC内の2個のインスタンスがFloating IPを使用して通信すると、使用量の分だけ課金します。

関連:
FloatingIPの概要:「TOAST ドキュメント:Network > VPC > コンソール使用ガイド(FloatingIPの項目)

FloatingIPの価格:(税抜価格表示)
TOAST Network > VPC (FloatingIPの項目)

ネットワークの伝送量の価格:(税抜価格表示)
TOAST Instace(インスタンス毎のネットワーク伝送量(outbound)の項目)

キーワード検索