CloudGarage

最終更新日 2019.07.09ID #1195

TOASTのブロックストレージとは何ですか

インスタンス作成の際、基本ディスクとしてブロックストレージを指定する必要があります。

TOASTの場合、ディスクタイプはI/O性能 によって「SSD」か「HDD」から選択できます。
(CloudGarageの場合は「SSD」でしたので「クラウドガレージと比較したTOAST側の各プランの価格一覧」ではSSDでお見積りしています)

【インスタンス起動時のブロックストレージは「最小ブロックストレージ(GB)」を確認する】
もし、CloudGarageのオリジナルのインスタンスが100GBのインスタンスで、そのバックアップイメージを利用して、TOASTでインスタンスを立ち上げたいならば最低でも100GBないと、バックアップイメージが展開できません。インポート後の「最小ブロックストレージ(GB)」という欄で、確認できます。
※もともと100GBのインスタンスのうち、ディスク使用量が50GBだったとしても、バックアップイメージを展開するディスクは100GB以上ないと展開できません。

なお、バックアップイメージを利用せず、パブリックイメージからOSを選択し、インスタンスを起動したい場合も、パブリックイメージ一覧から「最小ブロックストレージ(GB)」の欄を参照するようにしてください。

【インスタンス生成時:プライベートイメージの”最小ブロックストレージ(GB)】


【インスタンス生成時:パブリックイメージの”最小ブロックストレージ(GB)】

キーワード検索