CloudGarage

最終更新日 2019.10.01ID #1245

WordPressのデータベースのダンプ(エクスポート)方法を教えてください

データベースのエクスポートの方法は代表的なものがいくつかあります。

●A.ウェブ上のデーターベース管理ツールの利用
●B.コマンドラインでのmysqldump作業
●C.マイグレーション用のプラグインを利用

●A.ウェブ上のデーターベース管理ツールの利用

著名なツールでは「PHPMyAdmin」などがありますが、当社のインスタンスではPHPMyAdminではなく別のデータベース管理ツールは同梱をしています。
セキュリティの都合上、開通時のご案内などでのみ、利用開始手順をご案内をしております。(オンラインガイドに公開しておりません。)
なお、ウェブ上のデータベース管理ツールは、データベースのサイズが大きい場合には不向きですので、Bのコマンド操作のほうが確実です。

A-1.オンラインツールを利用ができるようにしていただいた後、ツールURLにアクセス
A-2.以下の情報でログイン
──────────────────
ユーザー名
パスワード(SFTP接続時と同じパスワード)
データベース名
──────────────────
※関連FAQ: WordPressのデータベース名やデータベースユーザー名などを確認する方法はありますか
ログインが成功すると「MySQL>>サーバー>>データベース:DB_NAME」に切り替わります
A-3. 左側のエリア、”DB:DB_NAME”の下の「エクスポート」をクリック

A-4.「出力」欄を 保存(※「開く」から「保存」に変更)にし「エクスポート」をクリック
⇒データベースがSQL形式でダンプされ、ブラウザ経由でパソコンにダウンロードできます。
⇒ブラウザの設定により既定のファイルダウンロード場所が異なります。

A-5.データベースの操作作業が終わったらオンラインツールを外部アクセスできないように元に戻す

 ●B.コマンドラインでのmysqldump作業

以下を参照ください。
- WordPressのデータベース(MariaDB) はコマンドラインでアクセスできますか

A.Bの手段の場合、いずれもデータベース名の確認が必要です。WordPressでのデータベース名の確認方法は以下をご参照ください。
WordPressのデータベース名やデータベースユーザー名などを確認する方法はありますか

なお、データベースのサイズが大きくなっていると感じられる方は以下も参考になさってください。
WordPressのデータベースが肥大化しているようです

●C.マイグレーション用のプラグインを利用

特定のプラグインの実行例は当方ではわからないので当社からデータをエクスポートする際のサポートはしておりません。利用できるものもあるかもしれません。

キーワード検索